プロトテアトル

Blog

芋、

ブログ

西 琴美

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone

えー、gate#13
万博設計×プロトテアトルの
「INEMURINOKUNI」
無事終演致しましたねっ!
ご来場して下さった方々
ありがとうございましたっ♥
コトリ会議の皆様、Quiet.Quietの皆様
関係者の皆様、お疲れ様でした!

 

はい、そんな感じで、まー
終わったんですけどもー。

 

んーっと。
大変でしたっ。笑
あ、個人的にね!!!

大先輩である万博設計の橋本さん
のもとでお芝居させてもらうという
本当に有り難い経験をさせて
頂きましたんです。けど。

 

私ずっとプロトテアトルでしか
芝居したことなくて
ペレイラの演出でしか、ほぼ
舞台に立ったことがなかったんですよ。
(学内ではペレイラ以外の演出家の
もとで芝居はやってきましたけども。)

 

それで、初めて客演ではないけど
全くどういう演出をしはるのか
わからない方と芝居を作って
行くことになったんですね。

 

いや、もう怖かったですよ。
なんか、なんも私なんて
役者としての力とか持ち味とか
ないから、どうやって稽古に
挑めばいいんだとか、
演出に答えれなかったらどうしよ
とか、もうすっごく嫌でした。笑

 

腕試し的な。腕ないのに。

 

毎日の稽古が常に心臓を
締め付けてました。笑

橋本さんが台本を
渡してくださったとき、
うわ。この人、初日の稽古
だけで全員の特徴捉えすぎ。
なに!?あてがきにしても
怖いぐらい皆に当てはまってる。
って思ったの今でも覚えてます。

だから、余計、橋本さんのこと
鋭い観察力を持った方なんだと
尊敬&怖くなりましたね。笑

いや、橋本さんのこと自体を
怖がってるわけではないんですけど。笑

 

で、まあ稽古やってきたわけですが!!!!

 

私達のグルーヴ感を良きとして
プロトテアトルで出て欲しい
と言って下さった橋本さん
なんですけど、そのグルーヴ感が
時に欠点でもあると率直に
教えて下さりました。

 

私達プロトテアトルって
ほんとに仲いいんですよ。笑
だから、まあまあの仕草やったり
で、何を伝えたいとかどうして
欲しいとかが直感的にわかったり
するわけで。
それで、渡す、受ける、の行程を
すっ飛ばし、雰囲気でセリフの
受け答えをしていたんですね。

それを一番に教えて下さったのが
橋本さんでした。

相手の反応をしっかり受ける。
自分も何らかの影響を相手に
伝える。

これすごく苦戦しました。

もーずっと悩んで悩んで
どうしたらいいのかわかんなく
なったときもありました。
でも、やっぱり演出家橋本さんは
一つ一つどう思ってるのか?を
聞いて下さり、だったら
こうするべきではないか、と
芝居の道標みたいなものを
しっかり私達に示して下さり
それを学びつつ、やらせて
頂いてたって感じでした。

 

いやー、もうね、初めて
芝居について深く考えたし
初めてしっかりと学ばせて
頂いた期間でしたね。

もし、橋本さんと出会ってなかったら
私は今でも芝居なんか舐めてたし。
完全に飽きてた。

飽きさせる余力すらも
残してくれなかった強化期間
でしたよ。笑

 

そんなこんなで本番を
迎えたわけですが、、、
本番って感覚よりも
正直、稽古の延長で客が
入ってるって感じだった。
いや、テクニカル入るし
全然変わるんだけど、、
でも、今までの本番の感覚と
全くの別物でした。

4ステージあったんですけど
やっぱり4ステージとも
空気感が全然違うくて
ダメダメな時もあったし
あれ、この感じよかったよね、
ってのもあった。
それを全部出せたらよかったん
だけど、やっぱりそれは
私達のまだまだ未熟なとこで
これからもっと詰めていかなきゃ
駄目なんだと課題を得た公演
でもありました。

ダメダメの一つとしてあげると
4人全員で全く同じセリフを
発することがほとんどの作品
なんですけど、ほんと
プロトテアトルビビりばっかで
皆の喋るタイミングを計って
発するのにすごい時間かかったりして、笑
間とりすぎちゃう!??って。
間違えるのも怖いし、なんか
ひとりズレるのも怖いし
あれ?皆遅くないっ?って
感じてても変えれなかったり。
もーダメダメなんですね。笑

良いときはこれがしっかりと
出来てて、空気感じるのも早く
間も詰めれて、絶妙なタイミングで
4人がセリフを発することが
出来たんですよ。

これが出来たかも!って
少し自覚を持ったというか
自信を持ったのが17日の11時の回
だったなあ~。笑

 

こんなんブログに書いたらあかん
のかな?笑

まあーいっか(  ̄▽ ̄)

 

gateはそんな感じでした!笑
まだまだ思ってることは沢山ある
けど、もう長くなりすぎるから
聞きたい方はお会いしましょ。笑

橋本さんには感謝しかないし
まだまだ教えて欲しいこと
いっぱいなんですよ。

だから、プロトテアトルを
見続けて頂きたいなと。
橋本さんに観てもらって
ダメ出し言って欲しい。

甘えてんな~。笑

でも、ほんまに驚かせれるように
まぢで頑張る!!!
次のフェスティバル面白いものに
するし、この期間学んだことを
出していけるようになるっ!

ほんま、ネガティブ琴美が
ちょくちょく出てきてるんですけど
まあ、前向きに頑張ってるんで。笑

応援宜しくお願い致します。

 

「INEMURINOKUNI」で
音響オペをして下さった大江さん
照明をして下さった竹内さん
音響編集をして下さった近松さん

ありがとうございましたっ!!

 

 

それでは最後に、、、
gate中に撮ったかっこうぃ感じの
写真を載せちゃういますね!笑

ナルシストテアトルです☆

1431833609096

1431833610700

1431833611755

1431833613679

 

 

わろす。

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
PageTop