プロトテアトル

Blog

旅行は大好きや、なんですけども。

ブログ小島

小島 翔太

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone

はい、小島です。

稽古が始まると生活が一変しますね、もっと寝たいです。
でも僕なんかまだ寝れてる方みたいで。この前バイト先の社員さんがレジ接客の途中で寝てしまってました。
僕もお客さんもびっくりです、無限に広がる宇宙のようなものを感じました。
そんな日々です。

そういえばフェスティバルなんですが。
http://ticket.corich.jp/apply/66352/004/
こちらのURLからチケットを購入して頂くと、僕が近頃の大学生よろしく「オーーーシェーーーーーイwwww」って言いながら劇団員の前で躍り狂うというイベントが発生します。
どうでもいいなって思った人はご両親の前で「オーーーシェーーーーーーイwww」って言いながら躍り狂ってください、きっと楽しいです。
まあ、そんな茶番は置いといて。

この前、ウィングフィールドで清水企画を見てきました。何とこの方たちは普段北海道は札幌で活動しているんだとか。

何で全く知らなかった札幌の劇団を観に行ったのかというと、挟み込みに行ったんですねその公演の。で、挟み込みしながら清水企画代表さんのご挨拶文読んでたら、この人多分好きだって思っちゃって観に行った次第です。

予想通り、ストライクゾーン構えてたところにビシッとボールが来たって感じで。ほんと観に行けて良かったです。
作品の内容については書く気はないんですけど。

きっと僕は、清水企画の皆さんが普段感じている時間の流れ、情景が大好きなんだなと思いました。
もともと北海道や東北の雪降る街に憧れを持っていたので、その空気感を大阪に持ち込んで頂けて嬉しかったです。

今回、ウィングフィールドの旅劇というものに参加されてこちらに来られたそうなんですが。清水企画以外にもたくさんの劇団がこれに参加されて公演を打っていました。

この旅劇という企画は本当に夢のある話だなと思います。僕みたいな地方の街に憧れのある若手なんかには特に。
これからもどんな方が来られるのか楽しみです。自分達も関西圏から出て公演してみたいですけどね!

演劇ってほんと、自分と見た目も何も変わらない人との異文化コミュニケーションツールですよね。
はい、わけわかめ来ましたね。
ではこの辺で。

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
PageTop