プロトテアトル

Blog

時には真面目な肴を

ブログ

FOペレイラ宏一朗

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone

どうもぺレイラです。

これは朝方に書いている文章です。それをなんか時差で投稿できる機能を用いて今ここに更新しています。まあこの注釈の意味はまったくありませんが。

 

ブログ、というのは難しいですね。文字を書くエクササイズとして意識している部分はあるのですが、ブラインドタッチばかりうまくなって、なんだか本題から逃げる意識が根付いてしまってきている気がする。不特定多数の人に見られて、尚且つ残るものなので、つい、でしょうか。

その点劇団員西の文章は凄い。ブログの中でアイドルとか自分で言っちゃってますが、アイドルがこんなもん書いたらすぐに炎上だぞオイオイ。しかし、切り落とされても成長をやめない切り株のような強さを感じるので彼女はこのままでいてほしいなと思います。

女性の力が強くなっている時代ですね。

 

えー、ツイッターのほうでも書かせていただきましたが、名古屋の演劇祭「ミソゲキ」に参加させていただくことが決まりました。うれしい限りです。プロトテアトルとしては、二回目の大阪以外での公演ですが、名古屋の劇団さんは結構大阪で公演されているので、負けじと僕らも名古屋という素敵な場所で大晦日を迎えられるのが今からうれしいです。

名古屋の劇団さん、言っても四団体さんほどしか拝見してないですかね。もっと多く来られてるはずですけど見逃していて。拝見した分では、「物語」の力が大きい作品が多かった印象で、虎の威を借るじゃないのですが、いい物語を作りたいなと思っております。

大阪からは他に「壱劇屋」さん「がっかりアバター」さんが出られるとのこと。どちらも大阪で実績を残されている団体なので、仲よくしてもらえたらいいなあ・・・。

 

フェスティバル。いよいよ大詰めでございます。なんだか、あっという間にこの期間になったなぁ。

今回、短編多ジャンル演劇祭と銘打ってますが、まあなんとも不思議な、そして確かに面白い公演になりました。ありがとうございます。

AB、どちらも面白いのでどちらも見てください!って、ただの宣伝文句として感じられるかもしれませんが、事実なのであえてもう一度申し上げます。

どちらも面白いので、どちらも見てください。

そして何より、二つ見ることで、演劇の可能性を感じてもらえるのではないかと思っています。

全作品、このキャスティングで長編化したいって思います。

そんな公演です。

 

お祭り、は今や大衆文化となっておりますが、僕としてはこれらは演劇と変わらないパフォーマンス、エンターテイメントだと思っています。

特に、僕の生まれ育った京都では、伝統芸能としてそれらが根付いております。

今まで生きてきて、ぶっちゃけお祭りだなんて人が多くて苦手でしたが、今の時代には、絶対的にお祭りが足りてない気がします。

革命、とまでは、終わってみなければわかりませんが、まあ、観劇中に、太鼓の音が鳴っている、そんな感覚を味わっていただければと思います。

 

よろしくおねがいします。

ご予約はこちら→https://ticket.corich.jp/apply/66352/002/

「フェスティバル」特設サイトはこちら→http://prototheatre.com/festival/

 

P.S.

完全にテン上げ

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
PageTop