プロトテアトル

Blog

もう年末のこと考えてるとか怖い

ブログ

FOペレイラ宏一朗

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone

どうもペレイラです。まあはい、タイトルの通りなんですが、もう年末のことを考えている毎日です。

いつも年末って言ったら、ほぼ毎年が実家で紅白やらガキの使いやらをザッピングで見て、年越しそば食べてって行為を恒例化してまして、まあ儀式ですよね儀式。それが今年は名古屋で迎えてしまうんですよ。大丈夫かしら。来年なっても2015年引き摺ってしまうんじゃないやろかあたし、、、

まあ、だからと言って何かに影響があるわけでもないんですが。

いや、年末だけじゃない。来年のこともたくさん考えなくてはいけなくて、もう怖くて仕方ないんですよね。

ありがたい話なんですが、ちょっとボクその辺すごいアナログな人間なんで、正直怖くて仕方ないです。

まあ怖くない事なんてこの世の中にはないか!

 

 

一寸先は闇!

 

 

 

 

 

視力が、悪い、だけ。

 

 

言うてますけども。

いよいよ明日から、と言っても今日からなんですが、次回本公演の稽古がスタートします。もう一ヶ月ぐらい団員と会ってない気がして、正直人見知り爆発しそうですが、まあまた新しい作品を作る時間がはじまるわけで、ワクワクとドキドキですね。

楽しみです、正直。これが実現できたら、と、いつも僕は頭でっかちなんですが、もし実現できたら、すごいことになると思ってます。

次回本公演、いまはまだタイトルと時期だけしか言えないんですが、

「どこよりも遠く、どこでもあった場所」

という作品を来年の一月末に上演いたします。

会場は、もう本公演三回連続の、ミナミのウイングフィールドさんです。

ある、有名戯曲をモチーフに作ってます。

これからのプロトテアトルを、また観ていただけたらと思っています。

まあ今回も難産だと思いますけど、それでも、産んだ子は可愛くてしかたない。

まずは名古屋、ミソゲキ、ありがたいことに、本当にありがたいことに僕らのBグループもう売り切れてるみたいですが、当日券も出るみたいです。

ああ、また、年末のこと考えてる。

考えて考えて、よりよいものにします、ししてくれると思います。

そんなわけで、

 

なんか、

 

一億円ぐらい、

 

ポンと、

 

もらえたら、

 

いいなあ。

 

 

 

 

人間だもの。

 

 

 

P.S.

IPPONグランプリおもしろかった。

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
PageTop