プロトテアトル

Blog

真面目に。にしこと。久し振りです。

ブログ

西 琴美

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone

お久しぶりです。

本当に本当にお久しぶりです。

 

 

ずっと更新せずで申し訳

ありませんでした。

 

 

まあ、でもあの主宰のポエム件は

無視します。

あ、でも、感謝はしてます。

面白かったよ~。

 

 

私は今回のブログほんとに

真面目に宣伝させて下さい。

 

 

 

7月に西琴美、初客演として

万博設計さんの「SERVICE」に

出演させて頂きます。

 

 

現在その稽古をずっとしているんですけど

今回の役、稽古する度に

頭痛くなるし、身体もしんどくなるし、

精神的にも辛くなるんです。

 

これは悪い意味じゃなくて、

何もかもを全力でこの作品に

ぶつかっていってるという事で。

 

新たな挑戦ばかりで悔しい思いを

いっぱいしています。が、

今はそれ以上に良い作品を

作れるという自信があります。

今、私史上一番芝居と向き合っているな、と思うんです。

だから、本当に色んな人に観て欲しい。

 

 

観に来て下さった方全員に

「今」がどれだけ大切かを思い知らせます。

わかっている人にもきっともっと

違う角度から思い知らせてやります。

まあ、それだけじゃないのだけど。

 

 

 

あ、私の可愛いを期待してる方は

その期待には答えられませんので

ご了承下さい。

変わりといってはなんですが、

私以外の女優の皆様がかなりの

美人揃いですので、そちらに

期待して下さいまし。

 

ま、私まず女役じゃないんで。

詳しくはそんな言わんし、

言うていいかわからんから

ふわふわさせるけど、

女の子じゃないからまず

可愛いは皆無です。

 

 

見たことない私が観れるんじゃ

ないかなと思う。

うん。だってほんまにやった

ことない役やもん。

 

 

あ、でも今回スッゴい厚着で

ものスッゴい汗をかくと思うの。

だから、私の汗を浴びたいって方は

一番前の席へ。

 

飛ばすつもりはないけれど、

多分滝のように汗流すと思うので、

アントニオ猪木に続いて伝説を

残そうかなと思っています。

 

じゅわって塩になる瞬間

体感できるでっ☆

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

 

どうして、私はこう、すぐ

ふざけてしまうのでしょうか。

ほんましょーもない。

真剣やったのに。

 

 

 

バカヤロー。

 

 

 

ブログですか?!!

(元気ですか?!!)

 

ブログを書けばほとんどが嘘!

(元気があればなんでも出来る!)

 

キョ・ゲ・ン ヘキー!!!!!!

(1・2・3 ダー!!!!!!!)

 

 

情報詳細

↓↓

 

万博設計07【SERVICE】

 

作・演出:橋本匡市(万博設計)

 

■日時

2016年

7/1(金)19:00

7/2(土)15:00 / 19:00

7/3(日)15:00 / 19:00

*開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前

 

■場所

ウイングフィールド(http://www.wing-f.co.jp)

 

■料金

一般 前売 2,800円/当日 3,000円

U-25 前売 2,500円/当日 2,800円

一般ペア 5,000円(予約のみ)/

U-25ペア4,000円(予約のみ)

高校生以下 1,000 円(前売当日共・当日は要学生証)

* 未就学児の入場はご遠慮下さい

 

■出演

早川丈二(MousePiece-ree) 大沢めぐみ 小野亮子 阪田愛子 福井千夏 西琴美(プロトテアトル) 畑中咲菜 橋本匡市(万博設計)

 

■予約

https://www.quartet-online.net/ticket/service?m=0cjbaea

 

■あらすじ

殆どの人が一度は必ずお世話になる「コンビニエンスストア」。

何処にでもあるはずだったコンビニが突如この町から消えてしまった・・・。

 

田舎に走る国道沿いにポツンと佇むコンビニエンスストアの駐車場でインキーをしてしまい身動きが取れない男と女。

助けを呼ぼうにも電話も財布も車の中。車は中々通らず、頼りのコンビニは何故か閉店してしまっている。

コンビニの開店を待つ二人のもとへ、自衛官を名乗る二人と一匹の犬がやってくる。

彼等は緊急災害対策派遣隊としてこの町にやってきたと言うものの、役に立つ技術を持っていない。

彼等と会話をするうちに、この田舎町から全ての「サービス」が絶たれてしまったと知る。

 

「1999年7の月、空から恐怖の大王が来るだろう」

 

ノストラダムスの大予言を信じた人々の、2000年以降の物語。

 

 

 

是非是非是非是非!!!

ほんとーーーーに是非!

かなり是非!!!!!!

観に来て下さいっ!!!

 

 

あ、もーすぐ豊島の客演の

劇団しようよさんも始まるね!

「こっちを向いて、みどり」

6/24-26 @ロームシアター京都

そちらも是非っっっ!!!

 

 

プロトテアトルの役者

頑張ってますんで

何卒応援宜しくお願い致します。

 

 

にしこと(( ´∀`))

 

 

あ、もうすぐ私の24歳の誕生日だ。

6/20。ほら。メモメモ♪

 

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
PageTop