プロトテアトル

Blog

今週末にロームシアターで行われる劇団しようよを観に行かないなんて、

ブログ

FOペレイラ宏一朗

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone

どうもペレイラです。

ご無沙汰してます。

 

まあタイトルのことを書きたくて書いてるブログなんですが、まずは一つ。

昨日、フェスティバルの出演者オーディションを行いました。

応募数は少なかったものの、受けに来てくださった方々は、しっかり考えて挑んでくださり、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

こういうのは本当にうれしいので、忘れてしまわないように書いときます。

まあオーディションですので、選ばないといけないのですが、

願わくば、応募くださった方全員と、作品を創る、という場、まあ世に言うワークショップクリエイションですな、を、いつかはやってみたいと思います。

ご応募くださった方々、まことにありがとうございます。

 

さてさて、タイトルのことに戻ります。

今週末に公演が予定されている、劇団しようよさんの「こっちを向いて、みどり」のことですね。

まあ、タイトルの通り、「観に行かないなんて、」ですよ。

「、」のあとの言葉は、まあそれぞれの方の読み方でござんすが、

一応言っておきますが、劇団員の豊島が出るからこう言ってるわけではございません。

まあ少しはその気持ちもありますが

劇団しようよさんと言えば、僕らも大変お世話になっているので癒着だとか思われるかもしれませんが

そういうことじゃなくて

言わば若手劇団じゃないですか、しようよさんって。

そこが「ロームシアター」で公演を行われるわけです。

観に行くでしょう、そりゃあ。

 

演劇なんてね、結局一過性のものです。

そのときに見なければないものに近いです。

いや、これは本当です。

再演を見ても、それは別物だと思うんですよ。

 

そうでしょう?時勢時世環境身体観客エトセトラ構成される要素すべて、演劇の媒体を考えるとそのときしか味わえないもので。

 

まあ、極論を言うと、1ステージ目と2ステージ目すら別物になってしまうのですが

演劇の公演をそれぞれ企画で考えると、それは同じものとしてとらえていいですね。

 

いやそんなことを言いたいんじゃない。

 

つまりね、若手劇団がロームシアターで行える、というこの企画、怖いことを言うと、コケりゃあもう若手劇団はロームシアターを使えなくなる可能性だってあるんですよ。

「いや、しようよさんを若手劇団の代表としてj掲げるのどうなの」って思う人もいるかもしれませんが、

ぶっちゃけ現在ロームシアターにとっては代表ですよ。

括られますよ。

震えませんか?

 

まあ、ロームシアターでやりたいと思ってない人もいらっしゃると思います。

宣伝ではないので、それについては強制しません。

 

でも、それは、暑苦しくてごめんやけど、悔しいよ。

 

作品は、面白いのか、面白くないのかはわかりませんよ。

新作のクオリティなんて、ぶっちゃけどんな劇団であろうと保障しにくいものだし、

好み、という言い方はあんまり好きじゃないけど、作品がお客さんすべてに到達しきるかなんて本当に千差万別

でもね、だからこそ、僕は観るべきだと思ってるんですよ。

 

チケットどれだけ売れてるとか、まったく知らん、無責任な発言だけど

しかも他所の劇団の公演のことを、自分の劇団のブログで書くのもあれやけど

でも、そんなスタンスでいたら、演劇の距離は、世の中の距離は、一向に変わってくれないと思うんです。

 

乱文、好き勝手なこと書きましたが、演劇なんてホント、いつなくなるかわからんし、今もどんどん、変化が訪れてきていて、自分たちが観たい作品、創りたい作品なんて簡単に手のひらを通り抜けていく時代なんだから、そんなこと言い出したら、全部の演劇観ないといけないけど、でも、少なくとも、若手と思ってる人は、しようよさんを観たほうがいいんじゃないかなぁ。別に他の演劇を見るなとかそんなエゴなもんじゃないよ。面白かったとか、面白くなかったとか、話をしようよ。

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
PageTop