プロトテアトル

Blog

もうすぐ本番なんだよ!

ブログ

prototheatre

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone

こんにちわ、こんばんわ、小島です。

次は半年後って言ったと思うんですけどあれは嘘でした。
いや僕的には全然嘘じゃないんですけど、
一ヶ月に一回くらいは書くことになりそうです。

さてさて、タイトルの通りもうすぐ本番なんです。

来週の土曜日から、劇団しようよに出させてもらいます。

ブログの最後にちゃんと詳細のっけますね。

稽古、すごい楽しいです。
今回若い子集めて作る、みたいな感じで。
なんか大学時代に戻ったような感覚です。同期と大学の授業で公演を打ってた時を思い出します。

僕がすごい人見知りするので、劇団員が心配してくれてるけど、ちゃんと仲良しです!
というか、みんな良い人過ぎてそれに甘えてる感が半端ないんですけど。
とにかく、小島は元気です。

ボキャ貧だわ。

役はいじめられっ子やります。
僕ほんとこういう根暗な子か怒りっぽいおじさんをよくやる気がします。気のせいかな。

ヤンキーとかやりたいですね、悪い人、やりたいなあ。

あ、そうだ、フェスティバル♯2の情報が公開されましたね。
フェスティバルはどんな役になるんやろう。
実は、しようよの稽古だったり体調崩して入院してたりでまだ一度もフェスティバルの稽古に行けてないんです。

劇団員とも全然会えずで寂しいですね。
早く合流したいなあと思いつつ、しようよも楽し過ぎて座組の皆さん大好きなのであと一ヶ月くらい続いてくれないかなとか思ったり。

はー、一昨日から奥歯がたまに痛くて。虫歯なんですかねこれ。虫歯だったら嫌やなあ。

ぶわーて思ってる事書いたけどこれやばいなあ。
なんし、小島は元気に楽しく生きてますって書きたかった。

大阪の方は京都まで遠いかもしれませんが、見に来てくれたら嬉しいなあ。

詳細貼ろうかな。

劇団しようよ
『いつまでもスーホの白い馬みたいに。』
【作・演出】   大原 渉平
【音楽・演奏】 吉見 拓哉
《KAIKAアソシエイトカンパニー記念公演
劇団しようよの夏合宿》

劇団しようよ、初期の代表作
『スーホの白い馬みたいに。』
関西若手俳優達と共に大胆リファイン!

モンゴル民謡「スーホの白い馬」から着想を得て、
2012年に上演した『スーホの白い馬みたいに。』
京都、北九州、東京と各地で上演した今作が、
まるで”あの若々しい白い馬”が蘇るかのように、三度、舞台上に立ち現れます。

■キャスト
岡本昇也(劇団蒲団座)
川上唯
倉橋愛実(第三劇場)
国部夏帆(同志社小劇場)
小島翔太(プロトテアトル)
外池聖 (勝手にユニットBOYCOTT)
鳥居雄太(勝手にユニットBOYCOTT)
南志穂 (夕暮れ社 弱男ユニット)

〈以下、劇団しようよ〉
西村花織
藤村弘二
大原渉平
吉見拓哉

■日時
2016年9月10日(土)~12日(月)
16日(金)~18日(日)
10日(土)15:00~/19:00~
11日(日)12:00 ~/ 17:00~
12日(月)20:00~

16日(金)15:00~/20:00~
17日(土)12:00~/17:00~
18日(日)15:00~
※受付開始は開演40分前、開場は開演30分前
※一部ステージでアフタートークを予定

■料金
先割価格 1,500円
(~7月31日まで)
通常価格 2,000円

■会場
KAIKA
京都市下京区岩戸山440番地 江村ビル2F
http://www.fringe-tp.net/kaika.html

■予約
http://ticket.corich.jp/apply/75386/009/

■劇団しようよHP
http://www.gkd-444.com/

物凄くつまらない文章やったけども、ここまで読んでくれた方は有難うございます。
しようよもフェスティバルもガンガン面白くなるように頑張りますので、良かったら見に来てください。
飛び跳ねて喜びます。

こんなとこかな。

うん。

では、次はまた一ヶ月後に!

じゃなくて、しようよ終演後にダラダラ感想垂れ流します。

うん。

よし。

さよなら!

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
PageTop