プロトテアトル

Blog

『ノクターン』延期のお知らせ

お知らせブログ

FOペレイラ宏一朗

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone

みなさま
お世話になっております。プロトテアトルのペレイラです。
常日頃から、プロトテアトルを応援してくださり、まことにありがとうございます。

この度、来月、5月9日〜11日に予定していた『ノクターン』の公演を延期することとなりました。

楽しみにしていただいた皆様、応援していただいた皆様、何よりご予約、CoRichのチケットプレゼントにご応募していただいた皆様、まことに申し訳ありません。
理由としては、皆様もご存知のとおり、現在の新型感染症COVID-19における感染リスクが一番です。

3月の初旬よりプレ稽古を行ない、あらゆる感染予防、感染症対策を行ない、リスクをできるだけ下げての上演の方向性を、座組み内、上演会場であるウイングフィールドさんと協議してきました。また、別会場での上演などもプランとして用意し、多くの方々にご相談させてもらい、アドバイスをいただきました。
しかし、4月9日現在、事態の収束の目処が立たず、上演が可能なのか不可能なのか判断ができない中でクリエイションを行うことは、環境として万全ではないと考えました。
実際上演した際の感染リスクや、目に見えない不安というものの大きさを考えながら公演を行ない、もし仮に無事に全てのステージを終えることができたとしても、そんな不安の中で得られる上演成果、またご観劇いただくお客様から観た作品は本当に価値があるものなのかと疑問を持ちました。
やはり、万全の状態で作品を創り、安心して作品を観ていただくためにも、この時期ではなく、事態が落ち着いてからの上演の方がいいと結論が出ました。

『ノクターン』という作品の持つ構造や物語を考えると、今上演する意義というものはあるのかもしれませんが、それは演劇を行う、観る環境として安全であることが前提があってこそのものだと思います。
どうか皆様には、また改めて、この座組みで行う『ノクターン』を楽しみにしていただければと思います。

延期の時期に関しては、2021年の5月〜8月のどこかで行えればと思っております。
公演の詳細に関しましては、また決まり次第発表させていただきます。

また、今回の判断においては、あくまでもプロトテアトルの判断であり、万全の対策のもと上演を行われる他団体様を批判するものではありません。
御了承ください。

今回の公演延期に際してのチケットの払い戻し等は、事前精算というものを設けていなかったので、ございません。
既にご予約頂いている方々、チケットプレゼントにご応募頂いている方には別途メールを送らせていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

まだまだ安心できる環境ではありませんが、皆様にはまた必ず『ノクターン』を、プロトテアトルの作品を観ていただけるように努力してまいります。
どうかその時まで皆様、ご自愛くださいませ。

また劇場でお会いしましょう。

Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
PageTop